忍者ブログ
シルバーレインのファンブログだにゃー!!
  カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
  フリーエリア
  プロフィール
HN:
立積・呼音子
性別:
非公開
  バーコード
  ブログ内検索
  アクセス解析
[27] [26] [25] [23] [24] [21] [22] [20] [19] [18] [16]
2017/04/27 (Thu)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008/06/21 (Sat)
みんな寝てる、お友達も、小鳥も、オモチャも、みんな。
──とある歌より


── コンコン

ノックをすれば、程なく不健康そうな顔が出て来る。
…薄々予想はしていたが、矢張りこの男が寝ている訳が無かった。この日、この夜に。

「あれ?コネコちゃんじゃないか、どうしたんだい?」

長田文学。軍艦アパートの管理人。
その見事にコケた頬を眺めつつ、少し口早に用件を伝える。

「イワサキーが自室の鍵チャンとかけて出てった。具合でもワルいのかもしれニェーし、見て来い」

自分を見る管理人の顔に、いやに柔らかい苦笑が浮かぶのが分かった。
何となく気まずくなって思わず目を逸らしてしまう。

「またあの人は、小学生に心配させて……。分かった、ちょっと様子を見てこよう。…でも、コネコちゃんは様子見にいかないの?」

…まあ、当然そう聞かれる事は予想していた。
だから動揺なんてしない。してない。

「…メンドイ。ソレに、店子の心配は管理人がスルものニャ」

ピシャリと言った筈だが、何故か長田の笑顔はますます柔らかくなった。何かムカツク…
…と、いけない。忘れずに一つ釘を刺しておかないと。

「言っとくガ、間違ってもオレが行かせたニャんて言うんじゃニェーぞ?…最低でも騒音で眠れニャイから苦情が来たって言え。良いニャ?」

脅すように睨んでそう言えば、アッサリと返る色よい返事。

「わかったよ。絶対言わないから安心しなさい」

相変わらずの人の良さそうな笑顔が少々癪に障るが……ともあれこれで一安心。
後は餅を餅屋に任せて自室に帰ろうと、踵を返す。

が、

「眠れないのかい?」

管理人の声に呼び止められた。
……此処で弱みを見せて溜まるものか。
即座に振り返って笑って見せる。

「バーカ、オレは普段からコレ位の時間まで起きてるニャぜ」

「戦争の前も?」

……。
大きな戦い。戦線に出るにしても、後方で応援と援護に回るにしても、どちらもそれなりの大仕事。それに備え、キッチリ早寝を心がけて見せる、緊張する様な可愛げがサッパリ無い小学生。
そんな『お得意のポーズ』が瓦解したのは、何時だったか…
段階を踏んだのだろう、ハッキリとは分からない。

でも切欠は分かる。

「…トモカク、『不安で眠れないの~ウッフン』ニャんて吹聴する趣味は無い」

冷たくそう決め付けて、今度こそ帰ろうと歩き出して…
…しかし程なく、今度は自分から足が止まってしまった。

腹の中や頭の裏にある、チリチリとした熱。
吐き出したいと言う衝動。
見せたく無いと言う意地。

少しの逡巡の後、衝動に負け口を開いた。


「イワサキーは、アイツは、強いか?」


…ずっと気になっていて、ずっと分からない事。
金剛の強さを見せたと思えば、柳の如く撓る事もある。
硬くも脆くも見える。
どちらも正しいのかもしれない。
どちらも気のせいかもしれない。

不意打ちの筈の質問に、しかし返事は直ぐ帰ってきた。

「強くなろうとしている。とは思うね」

それは概ね、強いと言う意味だ。
……なら



「なら、死なないか?」



スルリと、そんな言葉が、勝手に喉から滑り出た。
夜陰の中響く自分の声が、丸で他人の声の様に聞こえる。



「     」



返事は、よく聞こえなかった。

気休めを言ったのかも知れない。
或いは容赦のない現実を吐いたのかも知れない。
弱音を吐くなと励まして来たのかも知れない。
もしかすると、自分と一緒でよく聞こえず聞き返したのかも…


だが、どれにしても、結局は同じ事だ。

死ぬに決まっている。
戦争なのだから人は死ぬ。誰も彼も、例外なくだ。
そんな事は入学した最初から分かっていた。


嘘だ。全然分かっていなかった。

怪我をしているのは分かっていた。なのにけしかけた
分かっている積りになっていただけ。
生命賛歌を見誤っていたからじゃない
それが分かったのは、
単に、思っても見なかったんだ、想像もしなかったんだ
…取り返しがつかなくなった後で…
あの時、不安のままに泣き縋っていれば、彼は…



「はン!バカかオレは」

管理人は、もう此処には居ない。
あのうるさい大学生の話相手になりに行った。
話す相手が居るのは大切な事。それは良く知っている。

なのに今晩、自分は親友の誘いを蹴った。
泊まりに来ないかと言われたのに、準備が半端だからと言って断った。

…今一緒に居たら、どうなるか分からない。
不安と恐怖の最中、遠慮なく甘える事の出来る相手など…
蟻地獄と一緒だ。

平素でも決して良い事とは思えない。
ましてや戦争だ。
共に赴こうと、何時逸れるとも知れない。
依存しすぎれば、死ぬ。
互いを頼みにし過ぎれば、死ぬ。
死ぬ。


死んではいけない。
死なして良い訳が無い。


それを、それなのに




Hallelujah
Hallelujah
Hallelujah Hallelujah Hallelujah !
Hallelujah ! Hallelujah ! Hallelujah !Hallelujah !Hallelujah !
for the Lord God Omni potent reigneth,
Hallelujah !





唐突に、歌声が聞こえた。

ハレルヤコーラス。神に、世界に捧げる祝福の歌声。
岩崎燦然世界の歌声。
アパート中に響き渡る歌声。

子守唄とは程遠い、豪快で盛大な近所迷惑。

「ナニやってんだアイツは…」


……。


アイツは死なないだろう。
根拠は無い。何となく、そう思った。
あの途方も無く場違いで破天荒な子守唄を聞いていると、不思議と、そう思えた。

アイツは死なない。
勿論、自分だって死なない。
どいつもこいつも、一人だって死にはしない。
当たり前だ。当たり前の事だ。

そんな訳は無い。それは分かってる。
それでも、例えそうでも。

誰が死ぬつもりで戦場になんて行くものか。
誰が死なせるつもりで戦場なんかに誘うものか。


当たり前じゃあないか。
何を下らない事に悩んでいたのだ自分は。やっぱりバカか。


寝よう。



思ったよりよく眠れそうだ。
PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ああ、ちなみに
合わせSSな。
書いてるの見て、思いついて合わせて書いたのニャ。
合わせ元は、まあ、頑張って探せ。

後、ハルカーが依頼と被ったから今回の戦争には大半参加しないって事は後で聞いた。吹いた。でも書き直さニャい!
呼音子 2008/06/23(Mon)15:01:25 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *