忍者ブログ
シルバーレインのファンブログだにゃー!!
  カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
  フリーエリア
  プロフィール
HN:
立積・呼音子
性別:
非公開
  バーコード
  ブログ内検索
  アクセス解析
[9] [8] [7] [6] [5] [4] [3]
2018/11/14 (Wed)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007/01/27 (Sat)
容赦なく他社ゲームの話題を持ってくる。
これがオレ様クォリティ。


……怖ー(←本音)


……は!いかんいかん。弱気でどうするオレ!
このコネコちゃんは何時だって反逆者なのニャ!
ルビは当然トリーズナー!危険な話題も何のその!
上げてけテンション!!ブチ抜け成層圏!!
オーディエンスの皆さーん!!!


おちつきました(すてぽてちーん)

さて、今回の話題は、
ある意味一部の人からは
『今更だよ』『とっくに分かってるよ』って言われる話題ニャ。
でもやっぱり言っときたいニョで、
我慢して聞け(誰様だ)


東京怪談ってゲームを知ってるニャ?
知らねえ奴はちょっと覗いて見ると良い。
丁寧かつ分かり易い説明と検索性で、
直ぐ理解できると思うニャ。
大嘘だけど

まあ、要はシルバーレインと同系列のゲームにゃんだが、
このゲームとシルバーレインの大きな違いは、
オレが思うにこの2つ。

・設定に一切制限が無い事。
・レベルや能力値等のデータ要素が無い事。

この二つニャ。
世界観は大雑把には決まってるけど、
PCの設定とかち合う可能性は限りなく低いニャ。
銀雨で言う所の依頼に相当するモノだって、
見た感じ、多分失敗はありえにゃい。多分だけどニャ。

つまりさ、オレが何言いたいか分かる?
薄々感づいてる人も多いと思うニャ。

つまりさ、

東京怪談にゃアンオフィがないのニャ

コレは一部の奴には福音じゃにゃいか?
銀雨に置いてアンオフィシャルだって嫌われてた人たち!
羽根が生えてて飛べる
って設定の奴も!
モノの死が見える君も!
既存キャラクターと一言一句同じ名前のアンタも!
何だか知らにゃいけどゴーストじゃなくて人外な手前も!
人格一杯とっかえひっかえの……
は、一応別にアンオフィではないニャ……
ま、良く嫌われるって点じゃ一緒じゃあるがニャ。
(何でか分かんニャい人は
PBCの類のマナーサイトを探して読んで見ろニャ)

まあ兎も角!
そう言う人達も、東京怪談でなら大丈夫!
あそこでなら嫌われないニャ!受け入れられるニャ!!
是非ともこんな(君らには)居辛い明確な世界観から!
あっちに移住してはどうかニャ!?












なーんつってニャ。


安心して欲しいニャTWの人。
コネコちゃんは別にTWに害をなそう何て、
これっぽっちも思ってないニャ。
大事な客に別ゲームを薦めて置いて何を言うかって?

ニャニャニャ、
イヤ……ないない それはない。
だってさ、実際。今オレが移住を勧めた奴の99%は、

絶対移住なんてしないもん

何でかって?
TWの世界観が魅力的だから?
いやまあ個人的ニャそれには全力で同意だけど、
生憎アンオフィ設定の奴らがそう思ってるとは考え難いニャ。
だって世界観が魅力的ならー、
何で、
それを逸脱する様な設定を作るニャ?

オフィシャルの設定より自分のやりたい設定の方を優先してるからこそのアンオフィシャル設定ニャろ?

そのおまえらが、TWの世界観を幾ら褒めたって、
説得力が全くにぇーよ。
ウソつくならもうちょとホントぽいウソつけニャー。



じゃあ、何で移住しないか?

ま、でも、今まで使った星が勿体無い。
とかの理由は勿論あるだろし、
と言うか、その言葉は常にマックス説得力ニャので(笑)
こう言い換えるニャ。



何で設定の自由度が低い銀雨で
わざわざアンオフィ設定のキャラを作ったのか。




簡単ニャ。
そして、これこそが、
例え使った星の事が無くたって、
「彼ら」が移住なんてしない。
とオレが確信している根拠ニャ。





お前らさー


要するにさー




【自分だけが特別】で居たいんニャろ?



だよニャー


だってそうだよニャー



東京怪談で羽根生やして飛べたって、
別に珍しくないものニャー

モノの死が見えたって、他にも居るかもしれねえし、
かつ、それだけで最強は名乗れないモノニャー

小粋なオマージュじゃ気が済まない奴の
まんまパクリのキャラだって、
探せば居ちまうかもだもんニャー

人外なんてむしろ溢れ返ってるしニャー



銀雨でなら目立てるもんニャー

その設定


銀雨でならイイキになれるもんニャー

その設定


銀雨でなら一方的にイニチアシブ取れるもんニャー

その設定


銀雨でなら最強気取れるものニャー

その設定





まあ凄い!

何て特別!


真似出来ない!!







ほんと、






お前r(世界結界)
PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
補足ニャー
読めば分かると思うけど、
此処で言ってる『アンオフィ』は
人の迷惑になったり、明らかにシルバーレイン世界観とカチ合ってる設定の事ニャ。セキュリティで否定されてる事とか。
オレは言葉としての『アンオフィシャル』の正確な意味の定義なんて面倒な事はしたくにゃいし、
何よりそんな事してたら論点がずれちゃうと思うニャー。
なので、その辺は差っ引くニャ。
設定がオフィシャル世界観とは明確にずれてるけど、カチ合う程じゃなくて、他人様に迷惑なんてかけたりはしてにゃいそこの人。
ゴメンニャ。
でも吐いた唾飲むのはバッチくてヤなので、
補足だけ此処に記して置くニャ。
立積呼音子 2007/01/27(Sat)00:54:11 編集
ニャー
流石コネコ!ボクらに出来ない事をいとも簡単にっ!
そこに痺れるあこがれるゥッ!
痺れる=痙攣?痙攣しようぜー!

で、別に羽根が生えようが何か見えてようが言い張る分には構わないと思うよボク。
ほら、クラスに一人はいたじゃない。変わってる子。邪気眼がって(ry
話しかけたくないけどね!キモいs(ry

ともかくそれをオフィシャルの適用される場所(依頼とか)で使わなければいいと思うんだけどな。
言うだけなら自由だし。ほら、言論の自由だよ!ふりーだむふりーだむ!
2007/01/27(Sat)07:50:12 編集
無題
アーッハッハッハッハ! ブログでははじめまして、いつも結社ではお相手ありがとう!

ところで臑がいてえいてえ、銀雨ファーストキャラ、めっさアンオフィ霊媒体質キャラでした、ノバラここに懺悔す。
むしろその設定が噛んでリアルにハブられっ子になっちゃったから今ではある意味逆にピンポン? いぢりコンニャクになっちゃうよ~~~~!!

あ、あの、ブログ拝見させてもらってます挨拶でした。えへ、これからもよろしくね……えへえへ(涙目)。
ノバラ URL 2007/01/28(Sun)03:03:05 編集
>遥
ブルブルブル…こ、これは震えてるんじゃ無いニャー
痙攣ニャ!!び、ビクついてなんかいないニャ!(ビクビク)


邪気眼言うなー。流石に其処までは高レベルじゃー無かったけど、割と昔似た様なもんだった背後がウッカリ死にたい気分に浸ってるニャー。
ちゅーかさ、1章の方の蜘蛛の糸ってアレ、コネコちゃんの背後の歌だニャ。恐ろしい位隅から隅まで身に覚えがあって、初めて聞いた時「何で自分の話がこんな所で歌になってるんだろう?」って凄い不思議に思……あれー?あれあれ?これは涙?オレは今泣いているのニャー?止まらないよ?(ぉーぃ)

えーと、うん。
確かに人様の迷惑になってないなら問題は無いニャ。
ひとさまにめいわくとこーひーはかけちゃいけなーい♪
フリーダム!!(無理矢理まとめた)
立積呼音子 2007/01/28(Sun)12:19:02 編集
>ノバラ
はじめましてノバラ!!

…うーん。オレはノバラのファーストが「噛んでリアルにハブられっ子」になった所を見てにぇえので偉そうな事は言えないニャ。
だから変わりにオレの実話を話すニャ。

オレの背後が未だ1キャラしか動かして無かった時の事ニャ。
美術室経由で(多分恐らく確実に間違いなくおまえの)ファーストキャラを発見したオレの背後は、
おまえのファーストのステータスとか、結社とかでの発言や物言いを確認して、即座に自分のキャラに感情を取らせてー。かつ、直後、自分が師と仰いでる人にその人のステシアドレスを投げつけて「凄い人見つけたよこの人凄いよ!こんな良いエッジのキャラを演じ切りながら、結社でもちゃんと立ち回ってるよ!」とか何とか確かそんな感じの事を喚いてたニャ。ちなみに相手も凄い同意してくれたニャー。つーかぶっちゃけ『おまえ』と既に縁故繋がってる人だから聞いてみると良いニャー。いっそこの機会にメッセ繋げろ(命令系!?)

実際、
あれだけ完璧に演出できてるのは最早芸術の域だと思うニャ。
噛んでハブられた時、どんなミスをしたかは知らねーけど、少なくとも今は大丈夫なんだろ?つー事は今やおまえのファーストキャラは、少なくともオレの主観では名キャラっつー事ニャー。
胸を張れニャー。
立積呼音子 2007/01/28(Sun)12:34:36 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *